CBD(カンナビジオール)とは何ですか?

食品に分類される植物由来の天然化学物質で、カンナビノイドと呼ばれる生理活性物質の一種です。ポリフェノールに分類されます。人の体に備わる「エンド・カンナビノイド・システム(ECS)」という自律神経の働きを整える機能をサポートすることが期待され、世界的に注目されています。

TEODAのCBDは安全ですか?

はい、安全です。TEODAの原材料として使用しているCBDは、徹底して無農薬で育てられた米国産の産業用ヘンプから、日本の法制度に厳格に準じた方法で抽出されています。THCなどの違法な成分、残留農薬、重金属などの有害な成分が含まれていないことはロットごとに第三者機関で検査・証明され、正規の輸入手順を経て「食品」として日本国内に輸入されています。* 普段から常用されている薬等がある方がCBD製品をご使用になる場合は、かかりつけ医に一度ご相談されることをお勧めいたします。

TEODAのCBDカートリッジには何が含まれていますか?

MCTオイルを基材にし、CBDやその他の微量の合法カンナビノイド(CBG, CBDV CBN, CBDVA)、そして芳香成分であるオーガニック・テルペンが含まれています。一般的に溶剤として使われることが多いVG(ベジタブルグリセリン)やPG(プロピレングリコール)は、TEODAには使われておりません。*PGは猫に対する毒性が認められておりますので、猫がいるご家庭では特に注意する必要がある成分です。

どれくらいの頻度でTEODAを使って良いですか?

TEODAのCBD含有量は、高濃度のカートリッジでも250mgです。一般成人の1日の摂取量としては1000mgを超えても問題ないとされておりますが、体感には個人差がございますので、少量から始めていただく方がお勧めです。万が一TEODAを1日に1本吸い終わったとしても、心身への悪影響が生じる可能性は非常に低いと考えられますが、眠気やだるさが感じられる可能性はありますので、その後の活動にはご注意ください。

TEODAを使うとどうなるの?

CBDの使用感には個人差がありますが、多くの方が体感されるのは「リラックスした感じ」「頭が整理され、心が静かになった感じ」などと言った、副交感神経が優位になったような状態です。日々のスケジュールがタイトになりがちの現代人は、交感神経優位の状態で過ごされている場合が多いため、CBDが張り詰めた神経を緩めるサポートをした結果、そのように感じられる方が多くいらっしゃるのかもしれません。TEODAは特に、一般的なCBDヴェポライザーに比べると比較的高濃度であるため、一度吸っただけでCBDの体感を得られる方も多くおられます。また、オーガニックテルペンや微量カンナビノイドとの繊細なマリアージュがもたらす「アントラージュ効果(シナジー効果)」も、TEODAがもたらすプレミアムな体感に一役買っていると言えます。

TEODAはどんなシーンで使うのがお勧め?

CBDは余計な緊張を緩めたり、眠りの質を高めたりする体感でよく知られています。TEODAも、例えば仕事が終わってくつろぐ前や、家族・友人との団欒の際、またはおやすみ前などのリラックスを伴うシーンでは特にお勧めです。最近では在宅ワークの際のマインドの切り替えや、雑念を払って仕事に集中するためのツールとしてご愛用くださる方も増えています。TEODAでは、濃度にも50%と30%のバリエーションがあり、芳香成分であるテルペンにも「UPLIFT(トロピカルフレーバー)」と「RELAX(スパイシー・ライム)」の2種類をご用意しています。アロマテラピーが広く支持されるように、香りには心を軽やかにしたり神経を鎮めたりする働きがあると言われていますので、ぜひ様々な場面でTEODAのバリエーションをお楽しみいただければ幸いです。

TEODAは禁煙に役立ちますか?

禁煙や節煙に役立ったという声はよくお伺いします。TEODAは高濃度CBDであることも手伝って、煙の量がしっかりとしていて吸いごたえがあると仰る方が多いです。また、フレーバーもナチュラルな植物の香りで、決して甘すぎず上品に仕上げてあるため、喫煙者の方にも違和感がないかと思われます。かと言って、タバコによる副流煙のような匂いや煙たさは一切残りません。また、タバコに含まれるニコチンには覚醒作用があるため睡眠を妨げることがあります。そのため、夕方以降はTEODAに切り替えるようにされる方もいらっしゃるようです。

吸い方のコツを教えてください。

CBDをヴェポライザーで吸う際、特有のチリチリとした刺激を喉に感じられることがあります。TEODAは高濃度CBDであることもあり、慣れる前に大量の蒸気を吸い込むことで強い刺激となる場合があります。特にTEODAに慣れる前は、少しずつ吸うようにしてください。少しだけ蒸気を口に溜めて、外気とともに深呼吸をするように吸い込むと、喉への刺激は抑えられます。そうして徐々に、胸の中に蒸気を滞留させる時間を伸ばしていただくと、効果的にCBDを吸収していただけるようになります。

1本のカートリッジでどれくらいの期間、使うことができますか?

1本のカートリッジで、約250回、吸引していただけます。(1日に2-3パフで約1ヶ月分)* 肺活量には個人差がありますので、あくまでも目安としてご理解ください。

保存の際の注意点を教えてください。

CBDは太陽光に当たると変色や変質する可能性があるので、TEODAは必ず直射日光の届かないところで保管してください。また、車の中や夏の室内など、高温多湿になる場所は保管には向きませんので、ご注意ください。カートリッジに衝撃が加わると破損や液漏れの原因になります。少量の液漏れが見られる場合は、ティッシュなどで丁寧に拭き取っていただければ問題なくご使用いただけますが、明らかに大量に液漏れが見られる場合はご使用をお控えいただき、カスタマーサービスまでご連絡ください。(TEODAカスタマーサービス:050-3154-1188(平日9:00-17:00)